ペットと暮らせる賃貸マンション
ペットと暮らせる賃貸マンション

賃貸住宅で二世帯同居向け不動産物件を探すコツ

賃貸住宅の中から二世帯同居向けの不動産物件を探すコツは、トイレとバスルームの配置がポイントです。
高齢者世帯と、子育て世代とで、できればトイレは別々に使用できるほうが望ましいと言えます。もし可能であれば、バスルームに関しても、一階にバスルーム、二階に簡易シャワーなどがあると良いと言えます。一階には浴槽の付いている広めのバスルームというのが理想的です。
二階には、いわゆるユニットバスのようなタイプでも良いでしょう。現実問題としては、なかなか一階と二階の両方にトイレもバスルームも設置してある物件と言うのは、そうそう多くはないのですが、もともとフラットタイプの建物や、アパートを改装した物件の場合には、一階と二階の両方に、トイレとバスルームがあるのです。
もともと別々の物件として利用されていた、その名残りなわけです。

二世帯同居向けの不動産物件は、最初から二世帯同居を想定して建てられている建物というよりも、賃貸アパートやフラットタイプの建物を改装して、二部屋を繋げてリフォームされているタイプの方が住みやすいと言えるかもしれません。木造アパートが老朽化してしまい、リフォームが必要になった際には、上の階の部屋と下の階の部屋を繋げて、ひとつの物件に改装することがあります。すると、もともとの部屋の間取りが残っていて、トイレとバスルームが上下に存在するようになるのです。
親の世代と子供夫婦の世代とで、トイレとバスルームを別々に使用できるというのは、ストレスの軽減になります。二世帯同居では、お互いへの気遣いが重要です。
トイレだけではなく、バスルームも二つあると、特に子育て世代にとってメリットになると思います。

お役立ち情報