ペットと暮らせる賃貸マンション
ペットと暮らせる賃貸マンション

賃貸住宅への入居契約と不動産会社からの重要事項説明

賃貸住宅への入居契約は、不動産会社の営業店舗で交わします。契約の際には、宅地建物取引主任者が重要事項の説明をします。重要事項の説明は、宅地建物取引主任者いわゆる宅建の資格を取得している人しかできません。さらに重要なポイントは、宅地建物取引主任者が重要事項を説明してからの入居契約である、ということです。
つまり重要事項の説明は、入居契約の前の段階で行われる事なのだ、ということです。
ただし、宅地建物取引主任者が説明する重要事項に関して、これから入居しようとしている人が熟考するのは極めて困難と言わざるを得ません。なぜならは、入居契約を交わす日を取り決めてから、重要事項の説明の予定も決まる事が大半だからです。

賃貸住宅への入居契約では、宅地建物取引主任者が重要事項の説明を行います。入居契約が締結される前の段階で、説明は行われます。
しかし入居契約日と同じ日であるという可能性が高いのです。
ですから、入居契約を交わす前に、できる限り不動産物件の下見をさせてもらいましょう。理由は、何でも良いのです。
大切なのは、可能限り、不具合や住宅環境トラブルを事前に把握する事です。
不具合や住宅環境トラブルを把握できれば、家賃の値下げ交渉も可能です。

しかし、宅地建物取引主任者が重要事項の説明をする日に、宅地建物取引主任者の方から住宅環境トラブルが発見されたらすぐに連絡してください、と言われてしまうと、値下げ交渉は困難になります。入居契約日と重要事項説明日は同じ日になる可能性が高いことを覚えておき、下見と交渉を心掛けましょう。

お役立ち情報