ペットと暮らせる賃貸マンション
ペットと暮らせる賃貸マンション

賃貸住宅への入居では不動産会社指定の火災保険に加入が必要

賃貸住宅に入居する人は、必ず火災保険に加入する事になります。それでは、どこの火災保険に加入したら良いのかというと、仲介する不動産会社が指定する火災保険ということになります。別の言い方をすると、加入する火災保険を自分では選択できない、ということになります。ただしバリエーションには選択の余地があります。保険会社は選択できませんが、保険内容には選択の余地があるのだ、ということです。
ですから家財保険の内容は吟味するのが良いと思います。意外な盲点になり得るものとして、風圧の被害があります。風圧の被害というのは、台風や竜巻などの強風によって発生する被害です。
風圧の被害は激しい横揺れをもたらすため、家財を損傷してしまう危険性があるのですが、風圧の被害は火災保険で補償されることが多いのです。

賃貸住宅の中でも木造建築一戸建て住宅に入居する人は、必ず火災保険の補償内容に風圧被害が含まれているかどうかを確認しましょう。不動産会社が指定する保険会社の火災保険にしか加入できないのが通常ですが、保険内容は変更が可能です。
火災保険は地震による被害を補償してくれませんので、地震が原因となる被害に関しては、別途として地震保険への加入が必要です。

しかし地震被害に似ている被害の一つである、台風や竜巻被害は、火災保険が補償してくれることが多いのです。
万が一、台風被害や竜巻被害が保険内容に含まれているのかどうかわかりにくい時には、入居契約担当者に質問しましょう。確実なのは、宅建資格所持者に質問して説明してもらう事です。

お役立ち情報